• トップ
  • ブログトップ
  • チョコレートの相場、バターの品不足とその代用品、和風のおにぎらずの作り方。

ブログ

湘南住まいのブログ

チョコレートの相場、バターの品不足とその代用品、和風のおにぎらずの作り方。

投稿日時:2016/01/31(日) 00:30rss

こんにちは。
湘南 久保田工務店の久保田剛広(たかひろ)です。

茅ヶ崎にあります、
第52回
神奈川県建築コンクール
住宅部門
奨励賞
「東海岸の家」
施工例は、
こちらからどうぞ↓
http://www.kubota-koumuten.biz/topics_detail2/id=207

先日、久しぶりにストウブ鍋を使ったお料理教室に行ってきました。


先生が作るのを見て学び、最後に食事をするというスタイル。

ラムレーズンのガト―ショコラを作っている間には、
チョコレートの相場の話やバターの品不足のこと、
それから、バターの代用品について聴くことができました。


普段、なかなか、食に関するそうした情報に触れる機会が少ないので、
とても新鮮でした。

また、はじめて、和風のおにぎらずの作り方も教わりました。

その中で、炊飯についての説明があり、
ガスコンロの火力と
IHクッキングヒーターの違い
についても、
主婦の方達のお悩みを聴く、とてもよい時間になりました。

普段、ショールームで
最新のIHクッキングヒーターの商品説明を受ける時とは違い、
日常の炊飯について、
どのようなお悩みを抱え、
どうやって解決しているのかについて、
直接、会話を聴くことができるのは、
とても勉強になります。

お米の量や時間、どのような材料を使い、
時間や火加減をどうしているか。

材料の選び方、より美味しくするための工夫、
どのくらい日もちがするものなのか。

先生自身が、普段からいろいろ試してみて、
その体験を踏まえて、お話する。
お料理を進める。

その間に、何気なく、便利なお料理グッズの良さを伝える。

飾り棚には、
内装建具のリユースが使われていたんだあという、
ちょっとした発見、気づきもあり、
お料理の情報だけではなく、
店舗の内装情報、
ストウブ鍋の新色動向など、
ショールームで見かけることもあるストウブ鍋に関わる
さまざまな周辺情報にも、視点を広げていきました。

2時間半ほどのお料理教室でしたが、
あっという間に過ぎた感があります。

先生も、試行錯誤を重ね、今のカタチにいたり、
さらに改善を進めている様子。

普段、住の世界で仕事をしていますので、
食の世界の情報に触れるのは、ほんの一部分。

でも、ストウブ鍋のお料理教室に参加しますと、
食の世界に、短い時間ですが、集中できるので、
新たな発見、気づきにつながるように思います。

また、ご縁があれば、参加してみようと思っています。

 

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

category

archive

施工エリア

茅ヶ崎市、高座郡寒川町、藤沢市、平塚市、横浜市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市、大磯町、鎌倉市、大井町、横須賀市、小田原市、川崎市、相模原市、神奈川県内、湘南、西湘、東京都調布市、狛江市

会社について

キャンペーン情報
住宅業界ニュース
新商品紹介