• トップ
  • ブログトップ
  • 冊子とカードでは、テクノロジーとしての使い方が違うことを実感しました。

ブログ

湘南住まいのブログ

冊子とカードでは、テクノロジーとしての使い方が違うことを実感しました。

投稿日時:2019/12/05(木) 03:00rss

ピンとくるもの。

先日、妻との会話で
ピンとくるものという
言葉をきっかけに、
感性科学マーケティング・パターンの
カードを活用して、
思考の循環を試みました。

感性科学マーケティング・パターンとは、
私が20年近く
学びを深めております
小阪裕司先生が
コンテンツ監修されたもの。

カードとは別に
冊子にもなっています。

今回は、
冊子を音読した際の
妻の反応が
いまいちでしたので、
それではと
カードを使うことを
ひらめきました。

その後の展開は…

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル
パスワード:

category

archive

施工エリア

茅ヶ崎市、高座郡寒川町、藤沢市、平塚市、横浜市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市、大磯町、鎌倉市、大井町、横須賀市、小田原市、川崎市、相模原市、神奈川県内、湘南、西湘、東京都調布市、狛江市

会社について

キャンペーン情報
住宅業界ニュース
新商品紹介