ブログ

湘南住まいのブログ 2014/4

<<前へ
rss

いま現状、住まいにとってのベストな電力需給は何なのか、常に考える。

投稿日時:2014/04/30(水) 05:00

住宅用の太陽光発電が普及し始めて、

早くも数年が経ちました。いよいよ、太陽光の

発電量が一年の中でもっとも多いとされる5月がやってきます。

太陽光発電に関わる手続きをしていますと、

○○様邸太陽光発電所という言葉を目にします。

原子力発電所、火力発電所、水力発電所、風力発電所など、

さまざまな発電設備のうちの一つなんだと改めて感じる瞬間です。

その時、常に、いま現状、住まいにとってベストな電力需給は何なのか、

考えるようになります。その時、そのお客様によって、ベストな答えは、

千差万別ですが、自分自身の中でも、いまのベストはこれではないかと、

常にご提案ができるよう、情報収集、分析を続けていきたいと思います。

久保田剛広

寒川神社で購入した珍しい「藤色」の牡丹と雨の影響。

投稿日時:2014/04/29(火) 14:01

工務店での会話の中で、社長が自宅で育てている牡丹のことが話題になりました。
今年のはじめ、寒川さんへの初詣の時、購入して育てた牡丹の色が「藤色」で
とても珍しいというので、私も実際見に行ってきました。
たしかに、先日、茅ヶ崎のお客様宅で見かけた藤棚のきれいな色と、
とても似た感じがしました。でも、残念ながら、今夜から雨予報。
丹精込めて育て上げた牡丹の花も、この雨で、散ってしまいそうです。
見事な「藤色」の牡丹を、自分の目に焼き付けながら、
社長の自宅を後にし、その思いをブログに記録してみました。
「藤」はひらがなに直すと「ふじ」
「富士山」の「ふじ」にも通じるので、
社長がずっと撮り続けている「富士山」の写真にも
何かつながっているのかなあと、想像を膨らませつつ‥。
早くも雨が降り出し、降り始めに感じる、雨特有の空気に、
茅ヶ崎、寒川も包まれています。
久保田剛広
 

NHKテレビで放映された防災ラジオと茅ヶ崎市で見る津波注意の標識。

投稿日時:2014/04/29(火) 05:00

先月、NHKテレビで放映され、茅ヶ崎市と東京テレメッセージが開発した

防災ラジオの利用者の一人として、久保田工務店の社長が取材を

受けたことは、このブログで何度かご紹介しました。

その番組の中で、茅ヶ崎市の模様を映すいくつかの場面があり、

そのうちの一つが、津波注意 ここは海抜○mの標識でした。

車で移動中、電信柱に掲示されているこの標識を見るたび、

ここで地震が起きたら、次にどのような行動をとるか、

考えるようになりました。津波避難ビルの情報は、

まだ私自身あまり把握できていないので、茅ヶ崎で仕事を

している以上、地震の時にどこに、どう避難するか、

常に意識して生活していかなければならないと、感じています。

久保田剛広
 

手書きと一年前の紙とその時ブログに書いていた内容と。

投稿日時:2014/04/28(月) 05:00

以前、藤沢にありましたCDショップで、

手書きのポップを上手に書かれている店員さんがいました。

同じCDでも、そのお店で、手書きのポップを読むと、

つい購入したくなる力が働きます。

いまはもう、閉店してしまって、その手書きのポップを読むことはできないのですが、

手書きの良さみたいなものを、私自身もこのブログを書き進めていく上で、

よく実感します。いま手元に、一年前に書いた、2013年4月の、このブログに

まつわる一枚の紙があるのですが、見返してみると、当時、自分がどのような

ことを考えていたのかが、よく思い出せます。インターネットでデジタルの世界であっても、

ベースには、手書きで紙のアナログな良さもある。そんなちょっと複雑に見える現実を、

手書きで書いた一年前の紙は、教えてくれているようでした。

久保田剛広
 

見ごたえのある工務店のホームページを目指して。iecoco会議での学び。

投稿日時:2014/04/27(日) 05:00

先日、工務店で行われましたiecoco会議。

インターネットの先生が来てくださり、見ごたえある

工務店のホームページを作っていくために必要なことを

いろいろ教えて頂きました。この学びを、日々のホームページ

更新への取り組みに活かして、どのような部分に力を入れて

いくか、自分なりの試行錯誤は続いています。

インターネットの世界は、実際に取り組んでみるのと、

傍から見ているのとでは、同じ「みる」でも、

全然違うなあと、最近特に感じます。

幸運にも、いい先生との出会いがありましたので、

先生の指導を仰ぎながら、一か月、三か月、半年といった

スパンで、自分ができる取り組みを日々続け、

その結果生まれてくるものを踏まえて、

軌道修正して続けていきたいと思います。

久保田剛広
 
«前へ

archive

施工エリア

茅ヶ崎市、高座郡寒川町、藤沢市、平塚市、横浜市、厚木市、海老名市、伊勢原市、秦野市、大磯町、鎌倉市、大井町、横須賀市、小田原市、川崎市、相模原市、神奈川県内、湘南、西湘、東京都調布市、狛江市

会社について

住宅業界ニュース
新商品紹介