湘南・茅ヶ崎で創業。 これまで56年間、住まいづくり・リフォームに取り組む工務店

神奈川県茅ヶ崎市西久保1602

0467-74-2598

営業時間:9時~17時

ブログトップブログトップ

へこまず続けることができるか?自分自身を、誰と重ね合わせるか?Good&New 湘南 住まいのスタッフブログ

投稿日時:2022/12/03(土) 05:00

へこまず
続けることが
できるか?

そう、
自分に問いかける
出来事がありました。

ネガティブな反応が
返ってきたとき、

ネガティブに感じる人が
いるとしても、
それはごく一部であり、

多くの人は
必ずしもそうではないという
事実を踏まえ、

悲観し過ぎることなく、
続けていくことを
意識しています。

とはいっても、
ヘビーな出来事と
感じることに
変わりはありません。

取り組みによっては、
結果が出るのに
時間がかかるものも
あります。

そういうときは、
時間がかかるということを
織り込み、
焦らずに
変化を見るように
しています。

今回も
少し時間を置くことで、

長期スパンという観点が
抜け落ちて、

やることが
狭まってしまったりすることを
防げたように
思います。

そして、
今回のような外化。

外化を進めていく過程で、
自分の頭の中が
整理されていくのを
感じます。

今回も
へこまず続けるという
言葉をきっかけに、
外化を始められるのでは
ないかと、
ほのかに感じてはいました。

ところが、
肝心の外化への
取り組みが
なかなか始まりません。

ただ、
振り返りを重ねてゆく過程で
ふと、
へこまず続けるという
言葉と、
他の文章の間に
つながりのようなものを感じ、
スタートすることができました。

あとは、
情報量を意識しつつ、
まずは、
書き進める。

こうした感じで、
これまで
コツコツと
弊社ホームページの運営に
携わってきました。

そのおかげで、
文字を扱う力を
高めることも
できているように
感じます。

自分自身を
誰と重ね合わせるか?

こういう問いが
今回、
へこまず続けるという言葉との
間に、つながりのようなものを
感じた文章でした。

まだ、
なぜなのか
その理由は
よく分かりません。

今回の問いのきっかけは、
もう、数年前に入手した
ある本でした。

記録の積み重ねによって
生まれてくる外化。

今回は、
外化を進めつつ、
少し漠然とした内容を
記すことになりそうです。

次なる展開は
まだ見えませんが、
こうした
コツコツとした
積み重ねこそ、
へこまず続けたいと
思います。

湘南 久保田工務店の
注文住宅施工例は
こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓
https://www.kubota-koumuten.biz/topics_list2/

 

いつ参入し、いつ撤退するか?時代を読んで、その波に乗る方法をマスタ…Good&New 湘南 住まいのスタッフブログ

投稿日時:2022/12/01(木) 09:00

先日ふと、
ビジネスYouTube動画を
導入期、成長期、成熟期で
区分し、
その時期分析を元に、
参入する時期を
見極めて
取り組んでいる方のことを
思い出しました。

どういう事業にも
導入期、成長期、成熟期が
あり、
今、取り組んでいることは、
どの時期にあたるかを
推測している方なので、
自分の場合への
置き換えをするべく、
振り返りをしてみました。

その振り返りによりますと、
導入期、成長期、成熟期のうち、
どの時期に参入するかによって、
同じ成果を出すにも、
10倍位の労力の差が
すぐ出てしまうということでした。

同じ商品、スキル、サービスを
持っていても、
いつ参入するかで、
成果は大きく違ってしまう。

こういうことを
知っているかいないかで、
変化の速度が早い時代は特に、
すぐに、かみ合わない事態に
なってしまうと感じました。

その方の読みでは、
ビジネスYouTube動画は、
2021年から
成熟期に入ったと判断され、

別の方法を掛け合わせ
伸ばすための
新たな取り組みを
展開されています。

時代を読んで
その波に乗る。

成長期の入口で参入し、
成熟期に入る前に撤退する。

知識として
こうした情報を
手にしていても、

実際に、
そういう考えを土台に、
具体的な取り組みを
実行されている方と
接する機会がありませんと、
自分の場合への
置き換えも
なかなかできません。

こういう方達との
つながりを強化するために、
自分への投資をする。

こうしたことの
積み重ねの中で
気づいたことを
まずは外化してみる。

今回の外化も
きっかけは、
数日前に生まれたものでした。

そこから数日かけて
自分の頭の片隅で
温められ、
過去の記憶とつながり、
実際の記録を振り返りつつ、
外化を進める。

こうした過程を経て、
情報量として
積み重なっています。

そういえば、
今回、参考にさせて頂いた方が、
こうした積み重ねを
ストック型の仕事と捉え、
フロー型の仕事と比較
されていたことを思い出しました。

それをやらない代わりに
どうするか?

その答えの一つが
ここの辺りにありそうだと
感じてきました。

湘南 久保田工務店の
注文住宅施工例は
こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓
https://www.kubota-koumuten.biz/topics_list2/

 

動画が多い世界で、文字を扱うということの意味を見出す。そのきっかけ…Good&New 湘南 住まいのスタッフブログ

投稿日時:2022/11/29(火) 07:00

文字を扱う力について、
ふと、
考える時がありました。

ある文房具店を経営されている
方から、今、アメリカの学校では
ほぼ全て、端末で授業が完結し、
文房具を使わない状況にあるという
お話を聞く機会があったこととも
つながりました。

学生時代のことを
振り返りますと、
文房具を使わない状況というのが
うまく想像できないのですが、

今、身の周りを見渡してみますと、
文房具を使わない状況というのは
何となく想像できてしまいます。

そういう比較の中で、
自分自身が
文字を扱う力について
改めて考えてみました。

弊社ホームページの運営に
本格的に取り組み始めましたのは、
2013年4月。

その頃から
コツコツと
積み重ねてきましたのは、
文字情報が中心でした。

今は、
画像、動画情報が
多いですが、
それを
情報発信の手段として
捉え直すと、
私にとっては
合わないと感じ、
気が向かず、
継続することが
困難になると考えています。

ですので、
そういう分野は
得意とする方達に
お任せするという
姿勢で臨んでいます。

それをやらない代わりに
自分はどうするか?

動画中心の世界では、
文字を扱うということが
時代遅れに見えてしまう
一面もあります。

ただ、
そういう現実の中にあって、
ある先生から、
文字を扱うということは、
脳を鍛えることに
直結し、

仕事ができる力を
決定づけていると
教わったことで、

文字を扱い続ける方向も
ありなのではないかと
考えられるようになりました。

自分への投資。

こうした、
流行に流されない
本質につながると思える
取り組みを継続するためには、

これでいいのだと
思い続けられる
後押しが必要です。

文字を扱う力が
自分の未来を左右するという
情報を得るための
自己投資。

こうした自己投資を
20代の頃から
継続してきたおかげで、
何度も、
これでいいのだという
後押しを得てきました。

今回も、
そのうちの
一回となりそうです。

同じ目的を達成するための
別の良いアプローチを
見つけることができ、
安心して、
継続してゆけそうです。

湘南 久保田工務店の
注文住宅施工例は
こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓
https://www.kubota-koumuten.biz/topics_list2/

 

自分の経験を分析し、もっと知りたいと直感的に思ってもらえるように…Good&New 湘南 住まいのスタッフブログ

投稿日時:2022/11/27(日) 05:00

先日、
初めて
お金を出して
購入したものがありました。

実は、
これまで数年間、
無料で使うことが
できていたのですが、

どうも
これからは
そうではなくなりそうだという
情報を入手したからです。

購入できそうな場所も
価格も、想定の範囲内でしたので、
その場で即、買いました。

買いたいか、買いたくないか。

買えるか、買えないか。

購入するにあたって、
上記二つのハードルも
意識しました。

今回、購入するために
使った金額の
半分程度の年会費が
必要だと、
急にある窓口で
告げられた場面のことを
合わせて思い出しました。

その際には、
買いたくないという
スイッチが
私の中で入りました。

ですので、
年会費を払うことなく、
正規の金額で
あるサービスを
利用することにしました。

なぜ、その店を
利用するのか?

家族に、
その経緯を
説明する際、

自分の中での
他店と比較して
そのお店を
選ぶ理由についても
考えました。

その大きな理由の一つは、
駐車場の有無でした。

価格上昇時代の中にあって、
これまで経験したことのない
様々な変化に
突然、直面する機会が
増えてきたように思います。

その際、
買いたいか、買いたくないか、
買えるか、買えないかの
選択を瞬時に行う場面も
多くなる、
そんな気がしてきました。

何かを買う時に、
何を見て
どう思って手に取り、
最終的に買ったのは
なぜなのかに
意識的になる。

そして、
買うに至った経緯を
分析してみる。

そうすることで、
行動のつながりや
何が決め手になるのかなどが
理解しやすくなり、
自分の仕事に対して
活かしていくことができる。

価格上昇時代は、
消費者として
支出が増えますが、

上記のように
自分の経験を
分析できる
とてもいい時代という風にも
捉えられます。

今までは、
安い、便利といった
比較的わかりやすい
基準で選ぶことが
多い時代でしたから。

もっと知りたい、
欲しいと
直感的に思ってもらえるように、

内容や順番、
手段、情報量などを考え
情報をデザインして
伝えることに

より、
意識を向けていこうと
考えています。

湘南 久保田工務店の
注文住宅施工例は
こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓
https://www.kubota-koumuten.biz/topics_list2/

 

徹底的な選別消費を、実はすでに自分自身がしていることに気づきまして…Good&New 湘南 住まいのスタッフブログ

投稿日時:2022/11/25(金) 03:00

徹底的な
選別消費。

消費心理・行動面の
現象の一つとして、
以前、ある先生から
教わりました。

価格上昇時代に入っている中、
自分がお客さんとして
買い物をするときの
普段の行動に目を向けている中で、
ふと、思い出しました。

何かを買うときに、
何を見てどう思って手に取り、
最終的に買ったのは
なぜなのかに
意識的になり、

買うに至った経緯を
分析してみた中で、

徹底的な
選別消費を
実は、
自分も行っていると
気づきました。

たとえば、
ケーキ。

ここ最近、
近くにあるケーキ屋さんに
立ち寄っていないということに
気が付きました。

先日、
久しぶりに購入したのですが、
やはり、価格上昇中。

ケーキ屋さんには
行かない代わりに、
パン屋さんを利用する
頻度は高まりました。

これが、
私の身近な
選別消費。

同じ位の金額で、
食欲を満たす、
食を楽しむという観点から、

私の場合は、
ケーキ屋さんではなく、
パン屋さんの方を
選んでいました。

やはりここでも
予算配分が
無意識下で
働いているのですね。

でも、
こうした
選別消費に対する
気づきも、

たとえば、
今回のような
外化をする機会を
継続していなければ、
そのまま、
通り過ぎていって
しまうもの。

あえて
文章化をしておくことで、
未来の自分が
読むこともできます。

あえて書く。

こうしておきますと、
日々の積み重ねは
小さくても、
意外と結果が変わるという
経験を、

2013年4月から
弊社ホームページの運営に
本格的に取り組み始めて、
何度となくしてきました。

だからこそ、
コツコツ、
継続することが
できています。

反応がないことも反応。

この言葉は、
物事を抽象化する力を
高めることにも
役立つ、
ガイドブックの中に
あります。

今回、
こうして外化を
進めていく過程で、
こうした言葉が
浮かんできます。

安易に答えを探さない。

こういう姿勢が、
仕事に深く関わる。

思いつく
ありとあらゆる手段を使い、
可能な限りつかることで、

こうした外化を
続けやすくなっている
とも、感じています。

湘南 久保田工務店の
注文住宅施工例は
こちらからどうぞ
↓↓↓↓↓↓
https://www.kubota-koumuten.biz/topics_list2/

 

バックナンバー

0467-74-2598お電話

資料請求・お問合せ

資料請求
お問合せ